現在地 現在地 トップ > 狂気/バイオレンス

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:オカルト -過激的恐怖 (ノ*゜∀゜)ノ -そして笑い 

あ~怖かったよぉ・・・。ぐったり・・・|||(-_-;)||||||
心霊的&オカルトな怖さじゃなくて、怖いのです。
邦画の「フェイク・ドキュメンタリー」って「ほんとにあった~~」や「耳袋~」くらいしか観てなかったんで、
どうせ・・・と思ってたのですが、ヤッヴァイ!!!わたし、イッキに老いたかも…。

DVD版
オカルト [DVD]オカルト [DVD]
(2009/07/24)
宇野祥平

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

見てはいけない地獄の映画

■STORY

「ノロイ」「口裂け女」「グロテスク」の白石晃士監督によるフェイク・ドキュメンタリー・ホラー。
2005年、とある観光地で起きた通り魔殺人事件に関心を抱いていた白石晃士は、事件の究明に乗り出す。彼は事件の生存者で現在ネットカフェ難民として生活している青年・江野に出会うが…。

■CAST

宇野祥平 , 吉行由実 , 近藤公園 , ホリケン , 東美伽 , 鈴木卓爾(友情出演), 渡辺ペコ(特別出演) , 黒沢清(特別出演) etc

■SAFF

監督&脚本&撮影&編集:白石晃士 , プロデューサー:山本正 , しまだゆきやす

■その他

映倫:一般 , 2009年劇場公開 , 製作:日本(2008年) , 110分
公式サイト:http://www.occult-movie.com/

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー


<ネタバレなし>

★最初にひとこと★
「心霊的」な怖さを望んでいる方には不向きな作品です。現実的恐怖を望んでいる方は、お楽しみに♪

えーっと、何から書きましょう・・・。

↓感想の流れを軽~く書くとこんな感じ↓

  • まず、最初の8分程でゾーっと血の気が引きまして…
  • おいおい、えらく低予算だな…と思って安心してましたら…
  • その低予算加減が逆に妙なリアリズムを引き出してきちゃいまして…
  • あ、でも、えらく粗いオカルト現象だなぁと安心してましたら…

マジに!!!!!!!!!!!!!!!!!?
と衝撃的な恐ろしい事が起こりました<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

という流れです。特筆点は、通り魔殺人の生き残り「江野くん」演じる宇野祥平さんの怪演が、とてつもなく不気味で要注意!ってところですかね。

途中、現代社会の闇とやるせなさ、しょーもない笑い、
嘘くさい「黒沢清」博士w、変な演技の白石監督w、矢追純一もビックリのオカルト現象w

など風刺やユーモアを交えながら、話は展開するのですが…、

「江野くん」の妄信的思考、衝撃のクライマックス、極めつけの悪趣味テロップにより現実に戻されます…。ほんとにフェイクであることを願うしかない作品です。

もしも、この作品、衝撃のクライマックスでエンドロールが流れていたら、
もうこの手のホラー見れなくなってましたね・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・おそらく。

ラストシーンは賛否両論だと思いますが、監督なりに「皆さんの恐怖をチョッと和らげてあげましょう」というお茶目なユーモアのある配慮をしてくれたのでしょう。救われました・・・。
「タケゾーかよ!」とツッコミを入れる余裕がありましたから、大丈夫★
(※タケゾー=「集団殺人クラブ」の遠藤憲一様デスよ

「オカルト」というタイトルのせいで、
「あ~、女子高生がキャーキャー言いそうな肝試し系オカルト物ね~( ´△`)」
・・・っと捨てていた方は是非ご覧を♪超現実的な破壊作です。

今度、この監督の「ノロイ」と「テケテケ」にもチャレンジしてみよっかな♪と思いました。

って、いうか、なぜR指定無しなの?…大丈夫??これ・・・。

<ここだけチョイとネタバレ>

↓文字色変えてます。マウスでなぞって読んでくださいね★↓
>なぜR指定無しなのか…大丈夫??の件ですが。
秋葉原事件、9.11事件、オウム事件、などをキョウレツに思い出したからです…。
世の中、確実に、「自分だけに聞こえる”神からの使命”で人を殺さなければいけない」という妄信的な破壊者いるんだから……。
フェイクドキュメントといえど、自爆テロ、通り魔、無差別大量殺人…全部現実の世界に起こったこと。
そして、誰だって、自分の目でオカルト・怪奇現象を目撃したら、気が変にならない、という保障はない・・・。

ほんと、この作品の不気味さは群を抜いてる・・・。


※管理人の、とっても個人的な評価(総評と恐怖度)
 総評  ★★★★★  ストーリー性  ★★★☆☆
 血みどろ度  ☆☆☆☆☆  グロ度  ☆☆☆☆☆
 恐怖度  ★★★★★  残虐度  ☆☆☆☆☆
 衝撃度  ★★★★★  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.8.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM レンタル[オカルト] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
アマゾン通販:オカルト [DVD]


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ


http://www.youtube.com/watch?v=32W93wQOlHE
スポンサーサイト

【映画】:ハッピーピープル劇場版 

コミック原作の極悪ハッピー★スプラッター。

篠原涼子のOVバージョンも押入れから発掘しました。こちらは「コワイ女」系の粘着&執着系ドラマなのでレビューなしで…
劇場版のレビューだけにします♪


好きなんですよ、この作品。なんてったって、大ファンの平田満さんが出てるんですもの
あ、あと、原作も好きだし、監督は”エンボク”の鈴木浩介さんだったり★

短編オムニバス作品ですが、2作目はかなりのスプラッター度。しかもコミック原作だけあってユーモアもあります!

情報

■SAFF

監督:鈴木浩介 , 脚本:鈴木浩介 , 原作:釋英勝

■その他

映倫:R-15 , 1997年劇場公開 , 製作:日本(1997年) , 80分

ビデオよりまとめ


全編、ネタバレレビューで、まいります!

第1話:いつからか僕は

■STORY

いつものように会社に向かうサラリーマンの石井。穏やかな男だが、最近、妙な妄想を描くようになっていた。
それは不愉快なことが起こると「相手を殴り殺す」というものだった。
ある日、いつものように不愉快な想いをして妄想で殺していたはずが…!!

■CAST

緋田康人 , 高岡早紀 , 竹中直人 , ピエール瀧 , 吉田真由子

■感想

男の妄想中の殺し方は顔面集中型。竹中直人さんの鼻血ブゥーや女子社員の血まみれ顔面コピー、ピエール瀧さんの肉片飛び散る具合も素敵です。

そして、いつものように妄想で人を殴っていたつもりが現実でやっちゃってた(@_@)!
アレレッー?って思ったら後の祭り…周りは血の海…。さぞかしご本人もビックリしたことでしょう。

私もしっとり派の妄想族ですが、なんでも加減が必要、って事ですね。はい、とっても教訓になる作品です。

第2話:意味もなくみんなで笑おうハッピーに!!

■STORY

高校教師の川端は不良学生の陰湿ないじめに遭っていた。それでも、いつも笑みを絶やさず、生徒に優しく接していた。学校側は見て見ぬふり。仲間の教師も同情はするものの、手助けはしてくれない。
しかし、彼にはある計画があった。日頃から不良学生を身辺を調査し、行動パターンを把握。
密かに「復讐のその時」を伺っていたのだった・・・。

■CAST

尾美としのり、河原さぶ、松嶋亮太

■感想

オムニバス3作の中では最もスプラッター指数の高い作品。
(原作の方がもっとサイコな出来で好きなんですが・・・。)
ラリった生徒の頭をバーベルでカチ割り。包丁でメッタ刺し。…と、短い作品なのに血みどろ満載。

あまりにも陰湿で酷い生徒達の暴力に耐え続けた先生なので、「やってやれ~!」と心の中でチョッと応援してしまいました。(キャー、不謹慎なこと言っちゃった!)

でも、ストレスを溜めてイッキに爆発させた方が気持ち良い、という理由で2年も愛想笑いとガマンを続けてきた、って辺りがムッツリマゾ兼サディスト、って感じで恐ろしいですね~!

私も噴火型人間なので気をつけなければいけません……よ? 近所の非常識極まりない某殿方…

おふざけはホドホドに…ウフフ。(お~!私コワッ!)

第3話:ピアスをはずせ!!

■STORY

不良グループの仲間であり、医者で地元の権力者・進(平田満さん)の息子・明(柏原)は、家庭内暴力や事件を起こしてばかり。
ある日、明は車を叩き壊して、女性をレイプし、挙げ句の果てに瀕死の重症を負わせた。
女性は緊急で病院に運ばれたが、そこは父親・明が院長を務める病院だった。
女性が助かれば、事件は明るみとなり、進の夢もキャリアも水の泡、明は少年院行き…。
崩壊していた家族が一致して出した結論とは…?

■CAST

平田満、伊佐山ひろ子、柏原収史、坂上香織

■感想

進は医者としての使命感、権力者としての建前、家族を守りたい気持ちの葛藤に揺れながらも、権力者として、善き父親としての『最低な最善策』を選択。
えーと、つまり、瀕死の女性の口封じ・・・

結局、その選択によって息子も両親への愛を感じ、皆でハッピーに暮らすことになりましたとさ。
チャンチャン♪

…という(-_-;)

実話だったら黒すぎる権力者の裏側と、「共通の秘密」を持つことで取り戻した家族愛。
ドス黒く、モラル崩壊にも程があるのに、ラストは家族で仲良く選挙活動を行うオチがコミカルで妙にサワヤカ

サクっと面白いスプラッターなので、未見の方はビデオ撤去される前に是非ご覧を♪

■入手方法(2009.8.現在)


店舗にはまだビデオでレンタルできる所が沢山あります♪

オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM =×
TSUTAYA DISCAS =×
ぽすれん =×
amazon通販:ハッピーピープル【劇場版】 [VHS]


ブログランキング参加中です。気に入ってくださったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

【映画】:き・れ・い? (松村克弥 監督) 

ダウナーなエステティック・ホラー!!
オールナイトロングでお馴染みの松村克弥監督作品の後味悪いホラー。

DVD版
き・れ・い? [DVD]き・れ・い? [DVD]
(2005/03/25)
岡元夕紀子.黒沢あすか

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

絶対に、わたしの顔をミナイデ……

■STORY

野口庸子は20代にして美容整形外科を独立開業し、富も名声も手に入れた美人整形外科医。
彼女の経営する“YOKOクリニック”には美しさを求める女性たちが日々訪れ、庸子はその様々な欲望に応えていくのだった。
そんなある日、就業後のクリニックに吉江と名乗る女性がやって来る。彼女は庸子に300万円を差し出すと、診療時間外に手術をして欲しいと奇妙な要求をするのだった。
不審に思いながらも、庸子は吉江の気迫に押されてしぶしぶその要求を聞き入れる。
こうして、夜な夜な吉江の手術が繰り返されていくのだったが…。

■CAST

岡元夕紀子 , 黒沢あすか , 草野康太 , 藤田博史(アドバイス)etc

■SAFF

監督:松村克弥 , 脚本:松村克弥 , ラッシャー池田 , 原作:唯川恵

■その他

映倫:一般, 2004年劇場公開 , 製作:日本(2004年) , 85分

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー


<ネタバレあり>

あ~恐ろしかった・・・怖いというより、恐ろしいです…かなり(-_-;)

実際の美容整形外科の先生が出てきて「え?宣伝?」と思わされる場面には、一瞬引きましたが…

「吉江」と名乗る女性は、”醜形恐怖症=デスモロフォビア(dysmor-forbear)”で、
何度整形しても「自分が醜い…」と感じてしまい、次から次へと整形の要求をしていく患者。

どこから手に入れたかも分からない大金を持ってきて、「ここを変えて、ここも綺麗に・・・」と脅迫的な要求を重ね、美容整形依存症に陥っていく様子は狂気に満ちています。
この狂気迫る「吉江」は恐ろしく、いい味出してるな~、と思いましたが、実際の症状&起こりうる事件をテーマにしているため、世界のどこかで起きているんだろうな…と思うと、ダウナー気分になりました。

吉江は、エスカレートした要求で庸子の精神をドンドン参らせていくが、その要求に応えてもらえなかった事に逆上して、陰湿な嫌がらせを開始…。

  • ワインだと思って飲んだら血液…。
  • 美容洗顔水が硫酸に…。焼け爛れる看護婦さんの顔が悲劇的に!!
  • 美容整形の手術に使用するシリコンパックにも硫酸混入…。豊胸手術大失敗で訴えられ…。
  • 整形した顔で庸子の恋人を寝取り…。

全編通して、手術シーンがチョッとグロイのに加え、ラストは整形された顔が破壊されていきシリコンが鼻からニョキ…メス貫通…など、残酷描写はソコソコいい具合にできています。

体が裂けゆくシーンはもっと、ドヴァッー!っとやって欲しかったな…というほどスプラッターは抑え目ですが、松村克弥監督特有の、後味の悪~い作品です。
もう、この監督、後味の悪さの残し方は逸品ですね。

そして、最も悪質なのが、最後のテロップ!!

「このような医療ミスは実際には起こりません、誤解の無いように…うんたらかんたら」

おいおい・・・(-_-;)
そのテロップ演出が、恐ろしいんだよ~!!松村監督。


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★☆☆  ストーリー性  ★★★★☆
 血みどろ度  ★☆☆☆☆  グロ度  ★★☆☆☆
 恐怖度  ★★★☆☆  残虐度  ★★☆☆☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  エロス  ★☆☆☆☆


■入手方法(2009.8.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM レンタル[き・れ・い?] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
amazon通販: き・れ・い? [DVD]


ブログランキングに参加しています。↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

【OV】:1-イチ-(オリジナルビデオ) 

DVD版
1 イチ1 イチ
(2003/01/24)
不明
商品詳細を見る

■INTRODUCTION

劇場版『殺し屋1』のスタッフが、“殺し屋イチ”覚醒の瞬間を描いたオリジナル作品。

■STORY

中央高校に通う赤熊大は、周りから最強と呼ばれているが、彼は1人の男を気に掛けていた。彼の名は城石一。元々臆病者ではあるが、キレるとその強さが表れ…。

■CAST

大森南朋 , TEAH , 千原浩史 , 山田辰夫 , 北村栄基 , 益子和浩 etc

■SAFF

監督:丹野雅仁 , 原作:山本英夫 , 製作:ケイエスエス

■その他

OV , 製作:日本 , 80分

公式情報より編集


■個人的レビュー

『殺し屋-1-』と同様、原作のストーリーをある程度分かっていないと、理解し辛い内容かもしれません…が、 簡単に訳すと、「普通の弱虫高校生が、どんな経緯でヤクザの刺客にまで成り上がったのか?」をコミカルに描いた作品です。

映像は、リアルな血しぶき描写はほとんど無いのですが、骨がポキポキ折れていくので思わず「痛てててっ」と叫んでしまいました。
血はあまり飛び散らないけど、精液はよく飛び散る作品。バイオレンス作品かと思いきやカルトなコメディタッチの仕上がりでに、かなり笑えました。

千原ジュニアさんの迫力のある演技、すごく良かったです。しかーし!なんといっても大森南朋さんの泣きっ面のステキなこと…。ほんとにハマり役で、愛おしくて仕方ないですねー



※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★★☆☆
 血みどろ度  ★☆☆☆☆  グロ度  ★☆☆☆☆
 恐怖度  ☆☆☆☆☆  ゴア度  ☆☆☆☆☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  お下劣度  ★☆☆☆☆


■入手方法(2008.12.現在)

店頭よりオンラインレンタルを利用する方が早いかも!?

オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×)
DMM =×
TSUTAYA DISCAS =○(人名:TEAHで検索すると早いです)
ぽすれん =○(「1 イチ」で検索するとすぐ出てきます。)
楽天レンタル =○
:amazonでGET↓↓

DVD版
1 イチ1 イチ
(2003/01/24)
不明
商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

【映画】:鬼畜大宴会 

DVD版
鬼畜大宴会<デラックス版鬼畜大宴会<デラックス版>
(2002/06/25)
三上純未子澤田俊輔
商品詳細を見る

■INTRODUCTION

熊切和嘉、初の監督作品!

■STORY

70年代。ひとつの左翼グループが、薄汚れた文化住宅をアジトとして集まっていた。メンバーはカリスマ・相澤に心酔していた。相澤は獄中におり、出所までの組織の実権は、恋人のマサミが握っていた。だが、そのやり方に信念や展望はなく、アジト内の人間関係は次第にすさみ始めて行く。そんな頃におこったある事件をきっかけに、彼らは後戻りできない狂気と暴力の世界へと暴走していく…。

■CAST

三上純未子 , 澤田俊輔 , 木田茂 , 杉原敏行 , 小木曽健太郎 , 財前智広

■SAFF

監督:熊切和嘉 , 製作・録音・音響:財前智広・鬼プロダクション , 音楽:赤犬

■その他

1998年劇場公開 , 製作:日本 , 106分
第20回ぴあフィルムフェスティバル/PPFアワード'97準グランプリ受賞作品
第48回ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式出品
第28回タオルミナ国際映画祭(伊)グランプリ受賞

公式情報より編集


■個人的レビュー

とーっても後味の悪い作品。何とも言えない気持ちの悪さが好きだ、という方にだけオススメします。間違いなく、後味悪いですから
テーマが重いだけに、ストーリーの詰めが甘いのが、ちょっと残念。(テーマが単なる”狂気”なのであれば、全く問題ないんだけど。)血みどろ描写は、学生の自主製作映画としては本当に素晴らしい出来だと思います。見事にグロテスクに表現されているのは拍手。
血はたくさん吹き出るわ、頭はグチャグチャに破壊されるわ、女性の性器に弾丸をブチ込むわ・・・やりすぎにもほどがあるので初心者は要注意

ちょっとネタバレ:ヒロイン(!?)のマサミが白塗り&お歯黒で嘔吐するシーンは本当にイカれていてインパクト強烈★★★。目をそらさずにご覧くださいませ。

※それから、DVDに特典として入っている『赤犬』のパフォーマンスは必見です。(『赤犬』大好きで、たまにライブに行ってます^∀^♪ ライブでは、スクール水着で汗だくで唄ったあげく、全裸で観客に弄ばれるアキラさんに出会えます。)

話を戻しますが、「鬼畜大宴会」は、アタシをこちらの世界に引き入れた作品です♪DVDが出た時は即買いしてしまいました。
好きな映画ランキング5位には確実に入ってまーす。

※管理人の、とっても個人的な評価

 総評 ★★★★★  ストーリー性 ★★☆☆☆
 血みどろ度 ★★★★☆  グロ度 ★★★☆☆
 恐怖度 ☆☆☆☆☆  ゴア度 ★★☆☆☆
 衝撃度 ★★★★★  お下劣度 ★☆☆☆☆


■入手方法(2008.12.現在)

探してみたけど、DVDのオンラインレンタルはほとんど取り扱っていないみたいですねぇ・・・。
VHS版なら、一部のとっても親切なレンタルショップに置いていると思います。(この目でみました。)新品はアマゾンさん(↓)で買えまーす。

オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×)
DMM =×
TSUTAYA DISCAS =×
ぽすれん =×
楽天レンタル =×
:amazonでGET↓↓

DVD版
鬼畜大宴会<デラックス版鬼畜大宴会<デラックス版>
(2002/06/25)
三上純未子澤田俊輔
商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。