現在地 現在地 トップ > 園子温

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:愛のむきだし(園子温 監督)観にいってきました。 

あ~~~!かなり更新サボっちゃいました~(-_-;)
2ヶ月間、結構忙しく過ごしてたので、1週間に3作くらいは見られてたかな・・・?くらいのスローペースです。

その間に、「愛のむきだし」を映画館にて見てきましたので、レビュー書いておこうと思います♪

愛のむきだし_パンフレット
パンフレット!


トイレ休憩あり!という4時間もの長編を見に行くのは初めてだったので、足腰的な不安があったのですが、え?もう4時間たったの?と思うくらいにステキな作品でした♪



DVD版
愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘満島ひかり

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

ヘンタイで悪いか!これが愛なんだ。
「自殺サークル」「紀子の食卓」の鬼才・園子温監督が実話をベースに、カリスマ盗撮変態男の予測不能の純愛の行方を、宗教ネタをはじめ多彩かつ過激なエピソードを散りばめ怒涛の展開で描き出す上映時間およそ4時間のエンタテインメント大作。

■STORY

敬虔なクリスチャンの一家に生まれた青年、ユウ。
母を早くに亡くし、神父の父テツと2人暮らしの彼は、理想の女性“マリア”に出会う日を夢見て満ち足りた毎日を送っていた。
ところが、ある出来事をきっかけに優しかった父はユウに懺悔を強要するようになる。
父の期待に応えねばと、懺悔のための罪作りに励むうち“盗撮”の世界に没入していくユウ。
そんなある日、彼は仲間とのゲームに負けて罰ゲームで女装している最中に運命の女性ヨーコと出会い、一瞬で恋に落ちるのだったが、この出会いが、彼らの運命を超スピードで螺旋の中へと突き落とすのだった。

■CAST

西島隆弘 , 満島ひかり , 安藤サクラ , 渡辺真起子 , 渡部篤郎 , 板尾創路 etc

■SAFF

監督&脚本:園子温

■その他

映倫:R-15 , 2009年劇場公開 , 製作:日本(2008年) , 237分
英題:LOVE EXPOSURE

公式情報&allcinemaより編集・追記


■個人的レビュー

盗撮、近親相姦、同性愛、少年犯罪、カルト宗教、自傷行為、精神障害…などなどが盛り込まれた、かなり危ないストーリーでしたが、主演のニッシーこと西島隆弘さんの純情なヘンタイさんを演じる姿にググッと惹きこまれてしまいました。
中盤からは、生々しい人間描写がバッチリ表現されていて園監督ならではだな~と感服。
なんだか、4時間見終わった後、もう一回見たいな~と思わされる作品でした!
私の見に行った劇場(?)は、パイプ椅子にクッションをおいただけの公民館みたいなところで、足腰的なイタタタはありましたが、それがなければ連日観にいってたかも?
とにかくDVDが発売されるようなので、もう一回見られるからヨカッタ!!

この作品のテーマは実は「純愛」ってことで、本当は「愛ってすばらしい」と学ばなければいけないのかもしれませんが、う~ん、一言で言うとSF的な「超エンターテイメント作品!」でしたね。そして、変態さんだらけの話なのですが、最後は泣ける…。
そして、こんな危なげな話が実話ベースというから恐ろしい。ほんと、事実は小説より奇なりデス。
4時間通して見ることで、作品の世界に巻き込まれてしまい、異常な登場人物達と異常な話の展開が普通に飲み込めてしまうのが、園さんワールド!「紀子の食卓」のような小説的世界でした。
見所といえば、盗撮軍団の修行場面!!結構観客の皆さん笑いをこらえていたみたいでクスクスと声が聞こえてきました(笑)
それから…安藤サクラさんの登場する場面はなにかと痛くて、板尾さんの性器切り場面が一番痛かった…。
ゆらゆら帝国の主題歌もサイコーにマッチして、とてもよかったですよ♪


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★★  ストーリー性  ★★★★★
 血みどろ度  ★★★★☆  グロ度  ★☆☆☆☆
 恐怖度  ☆☆☆☆☆  残虐度  ★★☆☆☆
 衝撃度  ★★★★★  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.6.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM =未/ TSUTAYA DISCAS =未
ぽすれん =未
楽天レンタル =未
: amazonでGET↓↓

DVD版
愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘満島ひかり

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
人気ブログランキング トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

【映画】:紀子の食卓 (園子温 監督作品) 

昨日に続きまして、園子温監督作品。
「自殺サークル」の関連作品「紀子の食卓」です♪


■INTRODUCTION

鬼才・園子温監督が「自殺サークル」のテーマを引き継ぎ、崩壊していく本物の家族と、“レンタル家族”という虚構が生み出す幸せな家族それぞれの行く末を描く衝撃のホームドラマ。

■STORY

17歳の平凡な女子高生・島原紀子は、退屈な田舎の生活や家族との関係に息苦しさを感じ、東京へと家出する。
紀子は“廃墟ドットコム”というサイトで知り合ったハンドルネーム“上野駅54”ことクミコを頼って、彼女が経営するレンタル家族の一員となる。
一方、紀子の妹・ユカもやがて“廃墟ドットコム”の存在を知り、紀子を追って東京へと消える。それから2ヵ月後、紀子の母・妙子は自殺、残された父・徹三は“廃墟ドットコム”を手がかりに娘たちの行方を追う…。

■CAST

吹石一恵 , つぐみ , 吉高由里子 , 光石研 , 並樹史朗 , 三津谷葉子 etc

■SAFF

監督&原作&脚本:園子温 , 特殊造形:西村喜廣

■その他

映倫:R-15 , 2006年劇場公開 , 製作:日本(2005年) , 159分

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

自殺サークルと共通のテーマということで観た作品です。
159分という長編ながらも、退屈せずに見られました。
この作品は複数人物の”心情の語り”から成り立っている映画で、人物ごとに時系列と心情が描かれてゆきます。
ゆったり観られる映画なのでその人物の心情がスーッと心に伝わってくる感じ。でもダラダラと長い訳ではなく息付く暇はありませんでした。

吹石一恵が家出をする、という配役の時点で既に不思議な世界にハマってしまうのですが、「贅沢な骨」でファンになってしまったつぐみチャンのサワヤカながらも妖艶で迫力のある演技には圧巻でした。
好き嫌いが分かれる作品だと思いますが、危険な世界に一歩踏み出してしまう17歳という年頃の心情、家族愛って何?自分の中にある虚構って何だ?みたいな、探しても見つかり難いものを、前作「自殺サークル」よりも掘り下げて表現された作品です。

園子温監督の作品は一連のテーマがありますよね。アイデンティティー‐クライシスからの脱却とでも言いましょうか、…でも、単なる”自分探し”では無いんです。
「夢の中へ」や「うつしみ」なども同じテーマ性ですが、テーマを直球で投げてこないトコロが大好きなのです。(グロ&カルトものばかり観ている訳じゃないんですよ~!とチョッとアピール
今公開中の「愛のむきだし」は約4時間の長編。アタシの地元では公開がまだ先なのですが、チャレンジしてみようと思います♪

★ちなみに、この作品に登場する廃墟ドットコムは実在します。(監督がこのドメイン買ったらしいです)
廃墟ドットコムhttp://www.haikyo.com/
公式サイトhttp://www.noriko-movie.com/


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★★  ストーリー性  ★★★★★
 血みどろ度  ★★★☆☆  グロ度  ☆☆☆☆☆
 恐怖度  ☆☆☆☆☆  残虐度  ☆☆☆☆☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.2.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMMレンタル =○/ DMM通販 =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
楽天レンタル[紀子の食卓] =○
: amazonでGET↓↓



ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

【映画】:自殺サークル:SUICIDE CIRCLE (園子温 監督作品) 

一般のレビューを見ると酷評の嵐ですが…、実は奥が深く(そして気持ち悪く)とても好きな作品。
前回に続きまして、園子温(その・しおん)監督の「自殺サークル」レビューです♪
※ちなみに明日は関連作品:「紀子の食卓」です。この2作はセットで観ていただきたい★

DVD版
自殺サークル [DVD]自殺サークル [DVD]
(2009/01/23)
石橋凌永瀬正敏

商品詳細を見る

■INTRODUCTION

54人もの女子高校生が一斉に電車に飛び込む謎の事件をきっかけに、各地で頻発する集団自殺の前に騒乱状態と化すさまを描く衝撃のホラー・ミステリー。

■STORY

新宿のプラットホーム。楽しげにおしゃべりをする女子高校生の集団。電車がホームに入ってきた瞬間、彼女たち54人の女子高校生たちは手をつないだまま飛び降りた。同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こり始める。
そして、自殺現場には度々「白いバッグ」が残される──中身は長方形に切り取られた人間の皮膚を繋ぎ合わせて、ロール状に丸められたもの。
“事件”なのか“事故”なのか迷う警察。
そんな時、ある女性からの電話でインターネットサイト「廃墟ドットコム」の存在を知る。そのサイトでは自殺した人数が「●」印で記録されているという。集団自殺の日に54個の「●」の数が増えたというのだ。
ある日、警視庁の刑事・黒田のもとに集団自殺を予告する電話が入る。本格捜査に切り替え、なんとか集団自殺をくい止めようと奮闘する黒田たちだったが……。

■CAST

石橋凌 , 永瀬正敏 , さとう珠緒 , 宝生舞 , 野村貴志 , ROLLY , 嘉門洋子 , 萩原明 , 余貴美子 , 迫英雄 , 麿赤兒 etc

■SAFF

監督&脚本:園子温 , 美術:西村喜廣

■その他

映倫:R-15 , 2002年劇場公開 , 製作:日本(2002年) , 99分

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

昨年公開の東京残酷警察、片腕マシンガールの特殊美術を担当した「西村喜廣」さんが美術を担当していることもあり、スプラッターシーンの素晴らしさ(=気持ち悪さ)は逸品ですね。
ストーリーは一回観ただけでは分かりづらいかも。アタシは初め全然理解できなかったのですが(当時若かったせい?)、でも何だか引っかかるモノがあって何回も観ました…というか単に園子温ファンだから???
でもでも、後半からハチャメチャの空中分解のように見えて、本当はメッセージ性バッチリ詰まっているんです★(たぶん)

一番の見所は、何と言っても最初のシーン。54人(実はそれ以上の人数が並んでいるそうですが)の電車への投身自殺シーン。もうグッチャグチャですね。
血の量とリアルさにはかなり気持ち悪くなりました…;(実物の現場を見た時のこと思いだしちゃって…)
DVDの特典を読んだ方はご存知だと思いますが、全ての血糊に肉片を混ぜてリアルさを出したそうです。しかも撮影現場にはドラム缶で常に肉片入りの血糊が用意されていたということで・・・その徹底っぷりはしっかり映像に映し出されていましたね

全体の雰囲気。ここからチョッとネタバレ入ります。
注目点はここ。

  • 事件を追う刑事達の人格と心理描写
  • 事件を大きく報道するマスコミの騒ぎっぷりや噂の伝染
  • シリアスな事件が相次ぐ中で歌い踊るアイドルグループ「DESSERT(デザート)」の未完成なチープ感
  • ブームに乗って次々と自殺をする命を大切にしない高校生やオバサンたちのチャラけた感じ
  • 自殺ブームとインターネットを犯罪に利用してカリスマになろうとするジェネシス(ROLLY)率いる「自称:自殺クラブ」
  • 「自殺」という重いテーマの最中に流れる歌「それでは、みなさん、さようなら」の妙な明るさ。


  • ミスマッチなのにマッチしている。この感じ。
    これこそが「ヨッ!現代日本!」そのものに見えました。この作品の醸し出す雰囲気が沢山のメッセージのように見えます。
    人それぞれ、色んな受け取り方がありそうですが、だから映画って面白いんですね~★

    度々登場する「あなたはあなたに関係していますか?」という言葉。
    ・・・これって難しい質問だな、って思います。
    アタシはアタシに関係している時もあれば、関係していない時もある。
    まるで、自分の事が他人事のように思える事もあれば、一生懸命自分について考える時もある。それが人ってもんだろう、とも思う。
    この映画が公開された2002年には全く理解できなかったことです。この6~7年で色々な経験が出来たから、この映画をチョッとは理解できるようにもなったんだろうな♪そう思うと今まで「アタシはアタシに関係していた」んだな、って思ったりもします。

    今でも謎に思っているのは、最後に出てくるガキンチョ集団・・・。アレは今でも謎です。途中で登場する「うさぎ」と関係しているのか?それとも両親のいない子供達が人との関係を求めて集まってきているのか?アイドルグループ「DESSERT(デザート)」との関係は何なのか?そろそろ←「自殺サークル 完全版」の本を買って読もうかな~と思っています。


    全然関係ないんですが、麿赤兒さんが結構動いててビックリしました。(いつも良い椅子に座ってるイメージが^^;)
    それから、テーマ曲がとても美しい旋律です。(血がダメ!という方、映像見なくて音楽だけでもいいから聞いてください!!>なんじゃそれ。)

    なんだか長く書いた割には文章にまとまりがない…。文章書く力つけなきゃ…


    ※管理人の、とっても個人的な評価
     総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★★★☆
     血みどろ度  ★★★★☆  グロ度  ★★★★☆
     恐怖度  ☆☆☆☆☆  残虐度  ☆☆☆☆☆
     衝撃度  ★★★★★  お下劣度  ☆☆☆☆☆


    ■入手方法(2009.2.現在)


    オンラインレンタル、何故かTSUTAYAとDMMでの取り扱いなし・・・。
    オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
    DMM =×/ DMM通販 =○
    TSUTAYA DISCAS =×
    ぽすれん =○
    楽天レンタル[自殺サークル] =○
    : amazonでGET↓↓

    DVD版
    自殺サークル [DVD]自殺サークル [DVD]
    (2009/01/23)
    石橋凌永瀬正敏

    商品詳細を見る


    ブログランキングに参加しています★
    「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
    トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

    【映画】:奇妙なサーカス Strange Circus (園子温 監督作品) 

    「邦画の感想をもっと見たい!」とリクエストを頂きました。ありがとうございます★
    そのうち、邦画のかなりカルトな方面…「ギニーピッグ」や「徳川女刑罰史」等のレビューも書きたいな~と思います。(おそらく、ビデオラックのかなり奥の方にいらっしゃるので…見直してみます…。) 今日はホラーというよりはミステリー映画に近いですが、詩人であり役者(東京残酷警察にもご出演されたそうで)の、園子温監督作品の素敵な作品をご紹介します。

    DVD版
    奇妙なサーカス Strange Circus [DVD]奇妙なサーカス Strange Circus [DVD]
    (2006/02/24)
    宮崎ますみいしだ壱成

    商品詳細を見る

    ■INTRODUCTION

    「自殺サークル」「夢の中へ」の鬼才・園子温監督が、近親相姦や児童虐待を題材に、ひとりの女の歪んだ愛の行く末を華麗かつ淫靡に綴る禁断のエロティック・ミステリー。

    ■STORY

    小学生の美津子は実の父親・剛三に犯され続けていた。しかし、それが忌むべき近親相姦と自覚することはなく、ただ心だけが壊れていく。妻・小百合は、そんな夫と娘の関係に激しい嫉妬覚え、娘への虐待を繰り返す――。一方、倒錯したエロスの世界を描く車イスの人気女流作家・三ッ沢妙子。新たに担当となった編集者・田宮雄二はそんな妙子に気に入られる。しかし雄二のほうは、謎に包まれた妙子の素性を探るよう編集長から命じられ、秘かに妙子の私生活を調べ始めるのだが…。

    ■CAST

    宮崎ますみ , いしだ壱成 , 桑名里瑛, 高橋真唯 , 不二子 , 田口トモロヲ , 大口広司 etc

    ■SAFF

    監督&脚本&音楽:園子温 etc

    ■その他

    映倫:R-18 , 2005年劇場公開 , 製作:日本(2005年) , 108分

    公式情報より編集・追記


    ■個人的レビュー

    この作品はストーリーが本当に面白いので、ネタバレ無しでいきます。

    園子温さん監督作品の映画って、とても音楽が印象的ですよね。この作品を思い出すとき、
    ♪「名前の無い仔犬が私を連れてゆく~、名前の無い仔犬が私を食べに来る~」という歌(作詞&作曲:園子温)のフレーズが頭に流れてきます。それほど印象的。

    さてさて、この映画は近親相姦、離人症障害、自虐行為などをテーマにしたタブー作品。さらに、ふんだんなエロスとチョッとした惨殺シーンまで用意されているのには、「やってくれますねっ」と感動さえしました。

    素晴らしいのはストーリーと俳優陣とそれを取り巻く雰囲気。
    サーカスという滑稽な見世物、見せてはいけないタブーストーリー、宮崎ますみさんの狂人的な熱演と、いしだ壱成の感情を表にしない演技、上手く絡みあってる雰囲気が不気味で気持ち良かったです。

    詩人であり、役者であり、監督である園子温、トータルバランスの力ってスゴイですね。
    この映画で、いしだ壱成がやっと好きになったので、先日の芸能活動休止宣言はちょっとショック・・・。

    最近YouTube動画付きの投稿方法(PCのみ)を覚えたので、だいぶ前の作品ですが貼っておきます


    ※管理人の、とっても個人的な評価
     総評  ★★★★★  ストーリー性  ★★★★★
     血みどろ度  ★☆☆☆☆  グロ度  ★☆☆☆☆
     恐怖度  ★★☆☆☆  残虐度  ★☆☆☆☆
     衝撃度  ★★★★☆  お下劣度  ★☆☆☆☆


    ■入手方法(2009.1.現在)


    オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
    DMMレンタル =○/ DMM通販 =○
    TSUTAYA DISCAS =○
    ぽすれん[奇妙なサーカス] =○
    楽天レンタル[奇妙なサーカス] =○
    : amazonでGET↓↓

    DVD版
    奇妙なサーカス Strange Circus [DVD]奇妙なサーカス Strange Circus [DVD]
    (2006/02/24)
    宮崎ますみいしだ壱成

    商品詳細を見る


    ブログランキングに参加しています★
    「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
    トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。