現在地 現在地 トップ > 用語集

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【用語集】:よく使う形容詞や名詞(カップルでホラー映画を見に行った場合の会話講座と共に) 

■よく使う形容詞や名詞

今回は映画レビューでよく使う形容詞や名詞などの用語集です。 カップルでホラー映画を見に行った場合の会話講座と共に…。

◆カルト(cult)
元は、宗教的活動の意味。派生して、熱烈な支持を持つ集団のこと。
カルト映画とは、少数派によって支持される映画のこと。

◆マニアオタクフリーク

  • マニア/マニアック(mania / maniac)
    専門分野に没頭する生活習慣や人物のこと。
  • オタク(おたく)
    社会的に少数派の趣味に没頭する生活習慣や人物のこと。
  • フリーク(freak)
    特定分野における熱狂的ファン, 心酔者のこと。
ほぼ同義語ですね。ちなみに、「学者」「博士」も広い意味で同義語だと思っています。どう呼ばれたいか、自分の主張によって使い分けましょう。
(ただし、他人からどう見られるかは不明なので気をつけましょう。)
管理人は自称フリーク。他称マニアだそうです。

◆オマージュパロディパクリインスパイア

  • オマージュ(hommage)
    元は、尊敬や敬意のこと。映画など創作の世界では、過去の作品を(敬意を示し)モチーフにすること。
  • パロディ(parody)
    既存の作品を、(良い意味でも悪い意味でも)批判する目的を持って模倣したもの。
  • パクリ(ぱくり)
    創作の世界では、盗作のこと。
  • インスパイア(inspire)
    元は、感化や啓発の意味。創作の世界では、リスペクト(尊敬)する作家や作品に触発されて、同じテーマに基づいた作品を創作すること。

◆カニバリズム(cannibalism)
人間が人間の肉を食べる行為。食人、人肉嗜好とも言う。

◆ネクロフィリア(necrophilia)
死体愛好家、屍体性愛、死体を姦する (犯す) こと。

◆シリアル・キラー(serial killer)
連続殺人者のこと。よく映画のモデルになりますね。(ゾディアック、ジョン・W・ゲイシー、エド・ゲイン、アルバート・フィッシュ、テッド・バンディ、ジャック・ザ・リッパー、ヘンリー・リー・ルーカスなど)

◆鬼畜(きちく)
元は仏教用語。派生して、人を人と思わないほど残酷な悪行、性的行為を含む残忍な悪行のこと。

劇中で良く出てくる言葉:「この鬼畜野郎!」

◆サイコ(psycho)
元は医学用語「サイコパス(psychopath)」で「精神病質」の意味。派生して、性格が逸脱したために社会を困らせたりする行為。

劇中で良く出てくる言葉:「アイツはとんだサイコ野郎だぜ!」

◆切株
元は草木を刈り取った後で残る根っこのことですが、(ホラー)映画では「人体破壊描写(手や足が切り離された様子)」のこと。

会話での使い方:(映画を観終わった後に)「やっぱり切株映画、最高だよね~!」
(付き合いたてのカップルがする会話ではありません。)

◆首チョンパ
首(から上)と胴体が切断されること。

会話での使い方:(映画を観終わった後に)「首チョンパの場面が一番盛り上がったね~!」
(外ではあまり発しない方がよろしい言葉かと思います。)

◆ゴア(gore)
元は、血糊(ちのり)、流血シーンのこと。同じ[gore:英語(動詞)]で突き刺すという意味もあります。
(ホラー)映画で言う「ゴア」は”残虐で痛々しい血みどろシーン”のこと。

上手な使い方:(映画を観終わった後に)「この映画ゴアゴアだった・・・ね・・・!?」
(男性から女性を「大丈夫?」と気遣うようなイメージで。チョッと失敗したかな~?という恥ずかしそうなニュアンスを込めて。)

◆グロテスク(grotesque)
元は、ローマの美術様式のこと。その異様な美術様式から派生して、「異様」「奇怪」「不気味」へ。後に「生理的嫌悪感を表すもの」や、「残忍なもの」へと変化した。

上手な使い方:(映画を観終わった後に)「ちょっとグロかった?」
(意気消沈な様子で、男性から女性を気遣うように、先に声をかけてあげましょう。)

◆キッチュ(kitsch)
俗悪、異様なもの、毒々しいもの、下手物。”意外な組み合わせ”や、”有り得ない組み合わせ”などの意味もある。

レビューくらいでしか使わない言葉です。

◆ナンセンス(nonsense)
無意味なこと、ばかげていること、ばかげた面白さ

上手な使い方:つまらなかった映画を観終わった後には「ナンセンス映画だったね~」と言いましょう。
(相手が「つまらなく感じた」とは限りません、直球で感想を述べるのはやめましょう)
逆にナンセンスがハイセンスに感じるカルト女子もいるわけで…from 過去の苦い思い出より。

◆トラウマ(trauma)
衝撃的な肉体的、精神的ショックを受けた事で、長い間心の傷となってしまうこと。

上手な使い方:(映画を観終わった後に)「なんか、この映画観てトラウマになっちゃったかも~。。」
(女性はあまり怖くなかった映画でも積極的に使いましょう。かわいい奴め、と思わせるのです。)

引用&編集from(wikipediaさん、オウチにある辞書&百科事典さん)
お世話になりましたm(_ _)m


ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

【用語集】:ホラー映画にまつわるエトセトラ(イタリア発信ホラー) 

■ホラーのジャンル、いろいろ

イタリア発信ホラー

ジャッロ映画
【ジャッロ(Giallo)…イタリア語で黄色】
1960年代に始まったイタリアンホラー映画のジャンルのひとつ。

イタリアで人気のあった”ミステリ小説”、”犯罪小説”、”探偵小説”の表紙が、黄色いペーパーバックで装丁されていたことが起源となっているそうです。

殺人シーン、エロスシーン、残酷描写を重視した構成に、カメラワークはお洒落、音楽は劇調、という独特の路線を追求していて根強いファンもいることでしょう


モンド映画
【モンド(Mond)…ヤコペッティの『世界残酷物語』のイタリア語原題「MONDO CANE」が語源】

世界の様々な文化や風習を見世物にした猟奇系ドキュメンタリー映画。
ヤラセと言われるのはお約束
現代の映画と比べると、猟奇的でもなく残酷でもないけれど、当時は相当ショッキングな映像だったんだろうなー、と思います。


ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

【用語集】:ホラーにまつわるエトセトラ(ジャンル編) 

■ホラーのジャンル、いろいろ
ホラーと相性の良い、サブジャンルをメモ的にまとめておこうと思います。
かなり大雑把に・・・。

ゾンビ
【ゾンビ(Zombie)…宗教的な目的で呪術や薬品で蘇らせた死者】
ホラー映画では、もちろん「人を喰って喰って喰いまくる、凶暴な死体」ですよね

(ゾンビは)人食べまくってOK!(ゾンビを)殺しまくってOK!な世界★
アタシはゾンビ映画はあまり観ないので特に思い入れのあるゾンビさんはいないのですが、ゾンビ映画が好きな人達の間では
Q:「どんなゾンビが好き?」
A:「俺はロメロ派ー。」A:「アタシはフルチ派~。」
などの会話が成り立つ、とっても奥が深い映画の世界なのです。


・・・ていうか・・・、ゾンビ映画の邦題の付け方ってとても笑えますよね。「悪魔の毒々」系もそうだけど、「死霊の盆踊り」・・・・・・嫌いじゃないですよ♪


SF
【SF(Science Fiction)…科学的な空想に基づいたフィクション】
”地球外生物、ヴァンパイア、クリーチャー、改造人間(微妙ですが一応;)など” vs ”人間”の世界★



オカルト
【オカルト(Occult)…超自然の現象、神秘的現象】
”幽霊”、”悪魔”、”黒魔術”・・・のような超常現象と、日常的現象をかけあわせた映画


  • 海外のオカルトホラー…代表は『エクソシスト』、『オーメン』、『悪魔の棲む家』、など。
  • 日本のオカルトホラー…代表は『リング』、『仄暗い水の底から』、『呪怨』など。
    これらの作品のヒットに便乗して「J-HORROR THEATER(Jホラーシアター)」なる、ホラー映画のレーベル(中田秀夫、黒沢清、清水崇、落合正幸、鶴田法男、高橋洋:6監督によるブランド)が誕生したほど、日本では幽霊ホラーの人気も根強いですよね。
”オカルトホラー”の恐怖度は、ジャンル・個人の信仰する宗教や文化の違いによって、かなり差異があると思います。
例えば、キリスト教においての”13”は不吉な数字※1として、オカルト・ホラー全般の映画によく登場しますよね。”13”という数字はクリスチャンでないアタシにはあまりピンと来ない数字だったりします。
逆に、日本の古典的作品『怪談(小泉八雲の”耳なし芳一”)』や、『東海道四谷怪談』は、怖いです・・・。(小学生くらいで習うからかトラウマ的怖さなのかな?)

※1 13=「最後の晩餐」に集まった人数(キリスト+12弟子)


アニマル
【アニマル(Animal)…動物】
ホラー映画に登場する動物を見ていると、人間って弱いね~と感じませんか?
フィクションだけど、いつでもノンフィクションになりうる動物 vs 人間の攻防スリルは満点です。
人を襲う怖~い動物さんにはできれば近寄りたくないものですねぇ・・・。
(先日、野犬3匹に追いかけられて、本当に怖かったです・・・)


ウィルス
【ウィルス(virus)…病原体。単独では生命活動を営めず、生きた細胞に寄生して生活・増殖】

近頃、日本でも新型インフルエンザのパンデミック現象が危惧されていますよね。医学の進歩で今では治療可能な”赤痢、コレラ菌、ペスト菌”も昔は相当恐ろしい病原体だったように、いつの時代もウィルスは見えない恐怖の象徴ですね。


災害・事故
【災害…地震 , 火事, 津波 、事故…人為災害】
身近に起こりうる恐怖。パニックホラーや、サスペンスによく登場するジャンル


スラッシャー
【スラッシュ(Slash)…ナイフや剣などで深く切りつける, …をめった切りにする】
ホラーでは『スラッシュ(slash)する者=殺人鬼(slasher)』の映画


レンタル屋などで、スプラッター映画の棚にスラッシャー映画が並んでいることがありますが、類似語のようで違うのです。


スプラッター(Splatter)映画は、
【スプラット(Splat)…(水は泥など)がピシャッ、バシャッと跳ねかかること(や、そのような音)】
から由来していて、ホラーでは『血がプシュー!ビシャーッ!とでたり、首や腕が飛んだりする残酷描写』をウリにした映画のことです

スラッシャー映画は低予算のB級(以下)映画が多いですが、『13日の金曜日シリーズ』をはじめ、 『ハロウィン』など、代表的な作品も多いですね★挙げ始めるとキリがないので、追々このブログで紹介していきまーす。ちょっと古いですが殺人鬼たちのことがよく分かる本をご紹介♪

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

【用語集】:映画館・映像作品の分類について 

■映画館・映像作品の分類について

映像作品の上映方法・呼称は様々。時代と共に変化していくため、なかなか定義が難しいもの。しかーし! 難しく定義しようがしまいが、鑑賞した感想は大きく分けて「すごく気に入った、まぁまぁ気に入った、どうでもいい、まぁまぁ気に入らなかった、全然気に入らなかった」
…の5段階評価くらいしかないでしょ!?(大きく分けてね)
だから、個人で映像作品を楽しむ分には、上映方法や呼称の違いなんて軽く知っていればいい知識なのです。(と、勝手に思っています。)

とはいえ…知っておいた方が、より映画(ビデオ・DVD)を楽しめると思いますので、ここでは、とーってもカンタンに映画館や映像の分類について違いを解説します。

映画館の分類


シネマコンプレックス(シネコン)

構造・施設上の分類で、複数のスクリーン(5スクリーン以上)を同一施設内持つ大型映画館のこと。入場口やロビーやトイレが共有スペースとなっている。(そして完全入替制)
ワーナー・マイカル・シネマズやユナイテッド・シネマなどが有名。
ロードシアター系の映画、ミニシアター系の映画(後述)が並列で上映されている親切なシネコン、最近多いですよね。

ロードシアター

一般的に「映画、見にいこ♪」のノリで向かうのは、このロードシアター(別名:封切館)。よくCMで「ロードショー」開始!と言われる作品はこの部類です。
全国規模で一斉に新作が上映される映画館のことで、大手の映画会社の礎があるため、上映される作品はジャンルや配給会社などによって制限がある。
(ま、いわゆる売れ筋映画です。)

名画館

旧作映画を中心に上映する映画館のこと。
”もう一度スクリーンで見たい旧作”を、1000円程度でお安く見ることができます。
(現代は、レンタルビデオやDVDあるので、経営はとっても困難になってきていることでしょう(涙))

ミニシアター

大手の映画会社の礎のない、独立した映画館。
「ミニ=客席数が少ない、スクリーンが小さい」という意味ではなく、独立系映画会社の制作作品など、小規模での公開を前提として上映する映画館のこと。
(ものすごくカンタンに訳すと、アングラ映画を上映してよし!ということです。)

成人映画館(別名:ポルノ映画館)

日活ロマンポルノをはじめとするポルノ映画や、ピンク映画を中心に上映する映画館。
※一度入ってみようとしたことはありますが、女性一人の入場は危険だからやめておけ、と止められました…(汗)そして、男色家の男性の出入りが激しいことでも有名…デスネ。

映像作品の分類


映画

映画館(劇場)で上映される映像(動画)作品のこと。
日本での上映には、映倫の審査が必要。

ビデオ映画・オリジナルビデオ(OV)

映画館(劇場)での上映を行わず、ビデオリリースを前提とした作品。
そのため、映倫の審査を通さず、自主規制でレイティングを設定してリリースする場合が多い。
Vシネマもこの分類に入りますが、Vシネマは東映が商標登録した名称なので、ビデオ映画全てがVシネマという訳ではないんデスヨ。

『成人指定』ポルノ映画? ピンク映画? アダルトビデオ?

「ポルノ映画」・・・劇場上映用作品のうち、成人向け映画で、かつ大手映画会社によって製作された作品のこと。
「ピンク映画」・・・劇場上映用作品のうち、成人向け映画で、かつ独立映画会社によって製作された作品のこと。
「アダルトビデオ」・・・ビデオ用に製作されたもの(オリジナルビデオ)のうち、成人向け、かつ露骨な性行為を見せつけることをテーマとした作品のこと

※オリジナルビデオ(Vシネマ系)の中にはR-18(成人)指定作品が多く存在するが、全てを「アダルトビデオ」と呼ぶわけではなく、テーマ性、俳優&女優の質などによって分類される様子。


ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

【用語集】:映画倫理規定(レイティングシステム) 

■レイティングシステム(RATING SYSTEM)について

映画には、鑑賞出来る年齢制限の枠や規定があります。
日本の映倫(映画倫理規定)、アメリカのMPAA(米国映画業協会)等の組織をはじめ、各国においてR指定PG指定などの区分で倫理規制が行われています。

このブログで紹介する映画は、レイティングシステム適用のものが多いので、ご一読くださいませ★

2008年11月 現在

日本(映倫)

特に表記なし(一般)

年齢に関係なく、誰でも鑑賞することができる。

PG-12(Perental Guidance-12)

12歳未満(小学生以下)の鑑賞に適していない部分がある。鑑賞(映画館への入場)には成人保護者の同伴が妥当。
性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など

R-15(Restricted-15)

15歳未満(中学生以下)の鑑賞に適していないため、鑑賞(映画館への入場)禁止。
PG-12規定の、より過激な描写や、いじめ描写も審査の対象になる。放送禁止用語もNG

R-18(Restricted-18)

18歳未満の鑑賞に適していないため、鑑賞(映画館への入場)禁止。
著しい性的描写、著しい反社会的な行動や行為、著しい暴力描写、麻薬・覚醒剤の使用を助長するような表現が対象となっている。
映倫が審査を拒否すると上映が禁止されるため、自主規制してビデオ販売を行う場合もある。

アンレイテッド(UNRATED)

DVDのタイトルなどで見かける「UNRATED VERSION(アンレイテッド バージョン)」
こちらは、映倫による審査を受けていない作品。
上映に際して、18歳以下の未成年による審査基準をクリアしていないため、上映される会場(劇場)にて、身分証明書などの提示を求められます。
クラブや居酒屋などで、身分証明書の提示を求められるのと同じ感じだと思ってください。


アメリカ(MPAA)

G (General audiences)

年齢に関係なく、誰でも鑑賞することができる。

PG(Parental Guidance suggested)

子供に見せる前に、保護者が内容を検討することを推奨している。鑑賞(映画館への入場)制限はない。
日本ではむしろ子供に人気の「千と千尋の神隠し」や、「ハウルの動く城 」、「紅の豚」など、宮崎アニメまでがPG指定…。

PG-13(Perental Guidance strongly cautioned)

13歳未満(12歳以下)の子供の観賞については、保護者の厳重な注意が必要。鑑賞(映画館への入場)制限はない。
ややソフトな暴力・性描写などが対象となる。

R(Restricted)

16歳以下の観賞(映画館への入場)には保護者同伴が必要。
激しい暴力描写、性的描写、薬物、卑語が対象となっている。

NC-17(No children under 17)

17歳以下の鑑賞(映画館への入場)、全面禁止。
著しい性的描写、著しい反社会的な行動や行為、著しい暴力描写、麻薬・覚醒剤の使用を助長するような表現が対象となっている。日本のR-18に相当するが、米の場合は宗教・差別等の内容に関しても規制が厳しい様子。

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。