現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:ギニーピッグ > 【OV】:ザ・ギニーピッグ 2 ノートルダムのアンドロイド

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【OV】:ザ・ギニーピッグ 2 ノートルダムのアンドロイド 

宝くじがはずれました・・・。嗚呼。
トモロヲ・ネバー・ノウズ♪


すみません、独り言です。

ギニーピッグシリーズは今日でひとまず終了。いずれ残りも書くと思います。


情報

■STORY<ネタバレ>

小人症の柄沢は、白血病の姉と二人きりで暮らしていた。姉の病気を治すため、動物の蘇生実験を行いながら…。
そんなある日、柄沢の元へ加藤という男から電話が入り、「1000万円で若い女性の死体を買わないか?」と提案される。
その男、加藤はハッカーであり、柄沢の行っている実験内容を知った上で脅してきたのだ。
柄沢は仕方なく死体を購入するが、腐乱が進んでいた為、死体は破損してしまい、実験は失敗。
その後日、加藤はさらに脅しをかけようと柄沢家を訪問するのだが、帰宅途中、突然飛んで来た回転ノコギリで両足を切断されて気を失ってしまう。
やがて目覚めた加藤は、生首状態。「一度死んで生き返ったのだ」…と、頭だけの蘇生実験に成功したことを柄沢に告げられる。
柄沢は、恨みのある加藤に暴力を与えたり脳内のデータを操作しながら、完全体としての蘇生実験を成功させようと熱を入れるのだった。
だが…そうしている間に、病床の姉は死んでしまった。
柄沢は、加藤の彼女を呼び出しショック状態にし、死んだ姉にその心臓を移植。
今までの実験を元に、遂に姉の蘇生を成功させたのだが、生き返った姉は喜ばなかった。

「どうして蘇らせたのか、せっかく楽になれたのに…」と、また死んで行くのだった。

■CAST

高樹澪,日野利彦,田口トモロヲ,美鈴 etc

■SAFF

監督:倉本和比人 , 脚本:倉本和比人,睦月三日生,岩浪美和

■その他

劇場未公開(オリジナルビデオ) , 製作:日本(1988年) , 60分
原題:ANDOROID OF NOTREDOME

ビデオよりまとめ


■個人的レビュー

マッド・サイエンスをテーマにしておいて、最後は切なく終焉を迎える…、というストーリー自体は嫌いじゃないです。(一般の作品に比べるとかなり薄っぺらい内容なのは、そりゃそうですが;)
アートに関しても、激的にチープなところもあれば、すごくリアルに描かれている部分もあり、全体的にな~んかアンバランスな作品だな~と思っています。

途中、主人公がトモロヲの耳をちょん切る場面があるのですが、かなり痛い…。

そして、トモロヲったら、生首になった最初の頃はヘルレイザーのピンヘッドくんみたいな格好にされてるんだけど、実験が進むにつれどんどんゾンビ化していき、最後はドロリと溶けちゃうんですよ…。

もう、途中からトモロヲに釘付けで、主人公のしてる事とかどうでもいいですw

<さらにネタバレ>
ラストシーンは前作に続き、なんか意外でいい感じです。そして、高樹澪がメチャクチャ美しいです♪
姉から最後の最後で自分のしていた事が無意味だったと知らされた主人公は失意に陥るのですが、 大好きなお姉さんを生かせようと、姉の脳と自分の体を通信網でつなぎ、ずっと二人で暮らしていくのでした。。
微妙に良い話です。


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★☆☆  ストーリー性  ★★☆☆☆
 血みどろ度  ★★☆☆☆  グロ度  ★★★☆☆
 恐怖度  ☆☆☆☆☆  残虐度  ★★☆☆☆
 衝撃度  ★☆☆☆☆  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.6.現在)
この作品も、店頭でレンタルできるお店が多いと思います♪

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
人気ブログランキング トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/112-aea30cea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。