現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:サバイバル/スラッシャー(★3以上) > 【映画】:シー・ノー・イーヴル(直球スプラッター)

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:シー・ノー・イーヴル(直球スプラッター) 

直球あるあるスラッシャー!屋敷ホラーとしてはB級の上です♪


情報

■INTRODUCTION

殺生の餌食。拷問スプラッターの直系!
廃ホテルに宿る、霊長類最凶の殺戮鬼が下す血の天誅!

■STORY

軽犯罪を犯した若者8人は、減刑と引き換えに労働奉仕として老朽化著しい廃ホテルの修繕を命じられ、不気味な廃ホテルで週末を過ごすハメになった。
そこには2人の監察官とホテルの女主人以外にも、恐ろしい殺人鬼“ジェイコブ”がいることなど知る由もなかった…。

■CAST

ケイン , クリスティナ・ヴィダル , マイケル・J・ペイガン,サマンサ・ノーブル,スティーヴン・ヴィドラー,ルーク・ペグラー,レイチェル・テイラー,ペニー・マクナミー,クレイグ・ホーナー,マイケル・ウィルダー etc

■SAFF

監督:グレゴリー・ダーク , 脚本:ダン・マディガン

■その他

映倫:R-18 , 2007年劇場公開 , 製作:アメリカ(2006年) , 84分
原題:SEE NO EVIL

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

廃屋というだけで、既に怖い要素が満たされているにもかかわらず…
そこに殺人鬼はいるわ、お腹をすかせた野犬達が住み着いているわ…。シチュエーションだけでも恐怖のお膳立てができちゃってます。

「悪魔のいけにえ」や、「13日の金曜日」に影響されたんだろうな~と思う設定が見受けられたり、あるある場面は満載ですが、B級スラッシャーの中でも結構スリリングな作品だと思います。

あと、アクションシーンが、かなり派手派手だったのがとても印象的でした!!
このレビューを書く為に登場人物の情報を調べていたら、殺人鬼のジェイコブくん役がWWEの悪役レスラーだという事を知って、迫力に納得★

目潰し惨殺など、印象に残っているシーンは結構多いんですが、一番怖かったのはロープ脱出の場面…。
「これで助かるよ~!」っと思ったら「あちゃー」っていうパターンは王道ですが、やっぱりイヤ~ん!

ラストシーンは、空虚感に浸ってしまいます。ちょっとジェイコブくんカワイソウですね。。「レジェンド・オブ・レザーフェイス」の様な感覚。。
スッキリ終わったのに、ちょっと寂しいんですよね~。。


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★☆☆☆
 血みどろ度  ★★☆☆☆  グロ度  ★★☆☆☆
 恐怖度  ★★★☆☆  残虐度  ★★★☆☆
 衝撃度  ★☆☆☆☆  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.6.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM レンタル[シー・ノー・イーヴル] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん[シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ] =○
楽天レンタル[シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ] =○
: amazonでGET↓↓


ブログランキングに参加しています★
クリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/119-a81b9c5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。