現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:オラフ・イッテンバッハ > 【映画】:バーニング・ムーン(オラフ・イッテンバッハ監督)

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:バーニング・ムーン(オラフ・イッテンバッハ監督) 

ヤヴァイ!これ★(古い作品ですが初見です。)
オラフ・イッテンバッハの中でも、もうグチャグチャ!終盤は「ワー!ギャー!」言いながら観てしまいました♪
これは、一人で観るより友達と見たいパーティー★スプラッター!という感じですね^^

VHS版
バーニング・ムーン_表紙バーニング・ムーン
(1996/12/07)
オルフ・イッテンビッチ

商品詳細をみる

情報

■STORY

学校もろくに行かず喧嘩やドラッグを繰り返し、両親からも愛想をつかされているピーター。 ある夜、ピーターの両親が出かけることになり、彼は妹アネットと家で2人きりになった。
ピーターは怖がりのアネットが眠れるように、物語を読み聞かせるという構成の中で、

  • 過去のトラウマから精神分裂症を患い、殺人鬼と化した青年が恋人の家族を虐殺する「ジュリアの恋」
  • ある村で起こった連続強姦事件の濡れ衣を着せられた気弱な青年が悪魔にの血みどろの復讐を描いた「純潔」
二つのエピソードを見せるオムニバス的な作品。

■CAST

オルフ・インテンビッチ(オラフ・イッテンバッハ),ベティ・ニューマイヤー,ベランド・マッゲンザレル,ロドルフ・ホープ,アンドレ・ストライ etc

■SAFF

監督:オラフ・イッテンバッハ

■その他

映倫:指定なし, 日本劇場公開 , 製作:ドイツ(1992年) , 99分
原題:THE BURNING MOON

ビデオ&公式情報よりまとめ


■個人的レビュー

もう、好きこういうテイスト。
最近の作品「ビヨリミ」にみられるような漆黒世界は健在なんですが、そんな中にもチョッとお茶目なシーンがあったりして・・・。こういうのがプロ庶民的ツボだったりします♪
普通のピストルで頭が爆発するところとか、ヘンテコ神父さんにピストルで撃たれそうになる男性の「ワー!」っていう表情とか。この腕の角度とかツボ。(↓これがそのピストルに撃たれそうな人の叫び。)
バーニング・ムーン_ワー!
色々、他にも挙げたいところもありますが、絶対長くなるのでとりあえず置いといて。

イッテンバッハ監督といえば・・・やはり顔面破壊!!怖いですね~、恐ろしいですね~。
それから、なんていうかこの人、限度を知らないのか大雑把なのか(?)、拷問的な場面でも、指を一本一本…なんて事を考えずに手首ごといっちゃえ!っていうノリが多いな~、と改めて思いました。

そして!ナント言っても、この映画の見所は終盤の阿鼻叫喚の最後の地獄絵図。ウワサには聞いていましたがほんと、スゴイ。
何がどうなって、こうなっちゃったのか、もう何だかよく分からなかったのですが(笑)、唐突に始まる殺戮劇場…この場面はフルチっぽい匂いもしました。
小さいコルク抜きで目玉を刳り抜いたかと思ったら、巨大なコルク抜きで内臓を刳り抜き、電動ドリルを口に突っ込みグリグリギリギリ、両足を左右に極限まで引っ張り”三つ裂き”状態に…。
いつのまにか骸骨状態の人や、もういきなり内臓丸出しの人がそこらじゅうに横たわっており、足が千切れかかってる人が松葉杖でやって来たり・・・、とアッという間に血の海で、残虐シーンのオンパレードでした。

電動ドリルのシーンは、元歯科技師の経験を活かされただろうな~、なんて冷静に思いつつも、あまりの残虐オンパレードに「え?そこまで?なんで?」と不条理すぎて、思わず笑いと叫びが出てしまいました。

お金もさほどかかっていないだろうけど、ここまでやれるこの作品。これが伝説になるのは分かる気がします♪
前からすごく気になっていた作品なので本当に感激です。>A女史、ありがとうございます♪


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★☆☆☆
 血みどろ度  ★★★★★  グロ度  ★★★★☆
 恐怖度  ★★★☆☆  残虐度  ★★★★☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  お下劣度  ★☆☆☆☆


■入手方法(2009.7.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM =×
TSUTAYA DISCAS =×
ぽすれん =×
楽天レンタル =×
: amazonでGET↓↓

DVD版
バーニング・ムーン_表紙バーニング・ムーン
(1996/12/07)
オルフ・イッテンビッチ

商品詳細をみる

↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
Re: おぉ!
>アコさん
こんにちわ!
地獄絵図、予想以上でしたv-356!ほんとにすごかったです~v-347
もう、感謝感激です。
そして他の作品も、ザクザク見させていただいてます♪

今見てるレンタルトロマが終了次第、「ジャンクシティー」、行きますe-320e-349e-282
楽しみです★★
おぉ!
観られましたか~♪i-179
地獄絵図、すごいですよね!
そして表情とか演技とか、私も同じくそういう所がツボ入りますi-185
「ジャンクシティー」の終盤もツボだらけなので、(大爆笑)
きっとわかって頂けるかとi-237



コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/125-1d5cfb31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。