現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:幽霊/オカルト > 【映画】:人形霊 (コリアン・ホラー)

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:人形霊 (コリアン・ホラー) 

昨日、某テレビ局で深夜1時から放送されていたので思わず見てしまいました。
ベタな怖がらせ方の中にも不気味さのある、良質ホラー。

DVD版
人形霊 [DVD]人形霊 [DVD]
(2009/01/28)
イム・ウンギョンキム・ユミ

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

強い怨念を宿した人形が恐るべき惨劇を引き起こすコリアン・ホラー。

■STORY

森の奥深くに建つ古びた人形ギャラリーに招待された5人の男女。
館内には様々な人形が所狭しと並び、その精巧な美しさに5人は魅了されるが、徐々にこの洋館の雰囲気に、どこか薄気味悪さを感じ始める。
そんな頃、目が飛び出て首が切られてしまった人形が発見され、次々と不可解な猟奇事件が起き始める。

■CAST

イム・ウンギョン , キム・ユミ , オク・ジヨン , イム・ヒョンジュン , シム・ヒョンタク , チョン・ホジン , キム・ボヨン etc

■SAFF

監督&脚本:チョン・ヨンギ , 製作:ハン・マンテク , イム・ギョンテク , イム・ヒチョル

■その他

映倫:制限なし , 2005年劇場公開 , 製作:韓国(2004年) , 89分
原題:The Doll Master

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

部屋に人形が無かったのでセーフでしたが、もしあったなら…最後まで見られなかったかも…。

人形や霊がいきなり登場する「ジャーン!」というベタな恐怖シーンは連続的に起こるので、途中から免疫が出来てくるのですが、やはり心拍数は上昇

呪い×人形×猟奇殺人のコラボは良かったですね~

登場する球体人形達の完成度が高くて、不気味な怖さは倍増でした…。
蝋人形館のような不気味さです。(わたしは網走刑務所の蝋人形が今まで見た中で一番怖かったデス。)

ストーリーは単なる呪いではなく、一種のSFミステリーのようで、怖くもあり切なくもあり謎めかしくて…最後まで飽きずにワクワクしながら見られました。
さらにクライマックス、泣きそうでした。お人形は、大事にしてあげなきゃね…。

スプラッターシーンはほとんどありませんが、残忍さには、なかなか見応えアリ!
お腹からズボッと出てきた血まみれの手には、「やるな~!」と賛辞の笑みが…。
そして、ラスト前の爪ガリガリは…、痛すぎる!!

今回TV放送で見たので、CM中にクールダウンしながら見られました(ホッ)
機会があれば、部屋に市松人形を置き~の、真っ暗でヘッドフォン装着し~の、DVDで鑑賞してみようかな~っ、とか思いません!

トラウマになりますわっ

あと、主演のイム・ウンギョンちゃんがカワイイ本当にお人形さんみたいでした。

廃村となったシーンの描写がもっと詳しくてもよかったかな~とか、これが日本映画だったらもっと恐怖のどん底に落ちていただろうな~とか、色々思いましたが、とにかく良質なホラーだと思いますよ★


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★☆☆  ストーリー性  ★★★☆☆
 血みどろ度  ★★☆☆☆  グロ度  ★☆☆☆☆
 恐怖度  ★★★☆☆  残虐度  ★★★☆☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.7.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM レンタル[人形霊] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
: amazonでGET↓↓

DVD版
人形霊 [DVD]人形霊 [DVD]
(2009/01/28)
イム・ウンギョンキム・ユミ

商品詳細を見る

ブログランキング参加中です。気に入っていただけたらポチっとお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/136-ac6ea3e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。