現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:ハーシェル・ゴードン・ルイス > 【映画】:血の祝祭日(ハーシェル・ゴードン・ルイス 監督)

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:血の祝祭日(ハーシェル・ゴードン・ルイス 監督) 

マッタ~リな血みどろ映画を見たくなりまして、久々に「血の祝祭日」を鑑賞。
も~ぅ、やっぱり好き

DVD版
血の祝祭日_DVD血の祝祭日 [DVD]
(2000/07/26)
コニー・メイソン,ハーシェル・ゴードン・ルイス

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

ホラー映画の歴史を塗り替えたH・G・ルイスのモニュメント。元祖「スプラッター・ムービー」!

■STORY

古代エジプトの高僧の生まれ変わりだと信じる料理店主ラムゼスは、 王女(イシターの女神)を生き返らせるため、若い女性を虐殺、その肉体を解体しては贓物を料理し生贄に捧げる、という恐るべき儀式を行おうとしていた!

■CAST

コニー・メイソン,トーマス・ウッド etc

■SAFF

監督&脚本&撮影:ハーシェル・ゴードンルイス

■その他

映倫:制限なし , 日本劇場未公開 , 製作:アメリカ(1963年) , 70分
原題:BLOOD FEAST

ビデオの情報より編集・追記


■個人的レビュー

もう何度も見てますが、ティンパニの音楽から始まるオープニングに「キタキタ~」とワクワク。

・大根女優陣の大絶叫
・シリアスぶってるおバカでグダグダの刑事達。
・ゴアゴアなのに、この緊張感の無さ…
・とりあえず全員が能天気

…と、次作以降の定番となる独特のマッタリテイストを兼ね備えたルイスパワー全開な作品★好きです。

プロ庶民的、この作品の一番の見所はラストのゴミ収集車!
ゴアゴアガールズでもそうですが、ラストの無理矢理な事件の片付け方…死んだ犯人を放置…やっぱり爆笑

低予算だからこそ!の異常な底力を感じるのも素晴らしいし、内臓や切り株表現のリアルさも素晴らしい。それはモチロンです。
しかし、特筆すべきはツッコミどころ満載な能天気さだったりします。

先ほども書いた「ゴミ収集車」のラストシーンはやはり一番の見所ですが、個人的なお気に入りは…
警察の捜査が難航するなか、かろうじての生存者であり、もう瀕死の状態の女性(=顔の骨を取られて目潰しされた方)に捜査協力をお願いする場面。

刑事:「あなたのお名前は?」
女性:「ジャネット・・・ジャネットブレイク」(包帯グルグル巻きで顔の骨も目も崩れてるのに喋れる…)
刑事:「事件当時の様子は?」
女性:「歩いていたら草むらからいきなり飛び出してきて・・・うんたらかんたら…」(意外によく喋る)
刑事:「犯人の特徴は?」
女性:「恐ろしい目、恐ろしい目をしていたわ……(ここで悶え苦しみ絶命…)」
・・・そして、何事も無かったかの様に、情報をまとめながら去る刑事たち。
(瀕死だと言うのに刑事を止めなかった医者…)

それから・・・・、ちょまっ!待って。


犯人の特徴…目も強烈だけど、もっと特徴あるじゃないか。
血の祝祭日_ラムゼス
この、眉毛とか!?

とにかくツッコミどころ&血糊たっぷりで、おバカさん♪
たまんない一品です。
3連休だし、今から孫の方も見ます♪(あのハリボテ神の方・・・w)


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★★  ストーリー性  ★☆☆☆☆
 血みどろ度  ★★★☆☆  グロ度  ★★★☆☆
 恐怖度  ★☆☆☆☆  残虐度  ★★★★☆
 衝撃度  ★★★☆☆  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.7.現在)

まだレンタルやってるお店ってあるんでしょうかね??
VHS持ってるんですが、DVDがかなり画質が良いらしく、欲しい…。
オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM =×
TSUTAYA DISCAS =×
ぽすれん =×
: amazonでGET↓↓

DVD版
血の祝祭日_DVD血の祝祭日 [DVD]
(2000/07/26)
コニー・メイソン,ハーシェル・ゴードン・ルイス

商品詳細を見る

ランキングに参加しています。気に入っていただけたら↓ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/137-f19b75a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。