現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:狂気/バイオレンス > 【映画】:オカルト -過激的恐怖 (ノ*゜∀゜)ノ -そして笑い

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:オカルト -過激的恐怖 (ノ*゜∀゜)ノ -そして笑い 

あ~怖かったよぉ・・・。ぐったり・・・|||(-_-;)||||||
心霊的&オカルトな怖さじゃなくて、怖いのです。
邦画の「フェイク・ドキュメンタリー」って「ほんとにあった~~」や「耳袋~」くらいしか観てなかったんで、
どうせ・・・と思ってたのですが、ヤッヴァイ!!!わたし、イッキに老いたかも…。

DVD版
オカルト [DVD]オカルト [DVD]
(2009/07/24)
宇野祥平

商品詳細を見る

情報

■INTRODUCTION

見てはいけない地獄の映画

■STORY

「ノロイ」「口裂け女」「グロテスク」の白石晃士監督によるフェイク・ドキュメンタリー・ホラー。
2005年、とある観光地で起きた通り魔殺人事件に関心を抱いていた白石晃士は、事件の究明に乗り出す。彼は事件の生存者で現在ネットカフェ難民として生活している青年・江野に出会うが…。

■CAST

宇野祥平 , 吉行由実 , 近藤公園 , ホリケン , 東美伽 , 鈴木卓爾(友情出演), 渡辺ペコ(特別出演) , 黒沢清(特別出演) etc

■SAFF

監督&脚本&撮影&編集:白石晃士 , プロデューサー:山本正 , しまだゆきやす

■その他

映倫:一般 , 2009年劇場公開 , 製作:日本(2008年) , 110分
公式サイト:http://www.occult-movie.com/

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー


<ネタバレなし>

★最初にひとこと★
「心霊的」な怖さを望んでいる方には不向きな作品です。現実的恐怖を望んでいる方は、お楽しみに♪

えーっと、何から書きましょう・・・。

↓感想の流れを軽~く書くとこんな感じ↓

  • まず、最初の8分程でゾーっと血の気が引きまして…
  • おいおい、えらく低予算だな…と思って安心してましたら…
  • その低予算加減が逆に妙なリアリズムを引き出してきちゃいまして…
  • あ、でも、えらく粗いオカルト現象だなぁと安心してましたら…

マジに!!!!!!!!!!!!!!!!!?
と衝撃的な恐ろしい事が起こりました<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

という流れです。特筆点は、通り魔殺人の生き残り「江野くん」演じる宇野祥平さんの怪演が、とてつもなく不気味で要注意!ってところですかね。

途中、現代社会の闇とやるせなさ、しょーもない笑い、
嘘くさい「黒沢清」博士w、変な演技の白石監督w、矢追純一もビックリのオカルト現象w

など風刺やユーモアを交えながら、話は展開するのですが…、

「江野くん」の妄信的思考、衝撃のクライマックス、極めつけの悪趣味テロップにより現実に戻されます…。ほんとにフェイクであることを願うしかない作品です。

もしも、この作品、衝撃のクライマックスでエンドロールが流れていたら、
もうこの手のホラー見れなくなってましたね・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・おそらく。

ラストシーンは賛否両論だと思いますが、監督なりに「皆さんの恐怖をチョッと和らげてあげましょう」というお茶目なユーモアのある配慮をしてくれたのでしょう。救われました・・・。
「タケゾーかよ!」とツッコミを入れる余裕がありましたから、大丈夫★
(※タケゾー=「集団殺人クラブ」の遠藤憲一様デスよ

「オカルト」というタイトルのせいで、
「あ~、女子高生がキャーキャー言いそうな肝試し系オカルト物ね~( ´△`)」
・・・っと捨てていた方は是非ご覧を♪超現実的な破壊作です。

今度、この監督の「ノロイ」と「テケテケ」にもチャレンジしてみよっかな♪と思いました。

って、いうか、なぜR指定無しなの?…大丈夫??これ・・・。

<ここだけチョイとネタバレ>

↓文字色変えてます。マウスでなぞって読んでくださいね★↓
>なぜR指定無しなのか…大丈夫??の件ですが。
秋葉原事件、9.11事件、オウム事件、などをキョウレツに思い出したからです…。
世の中、確実に、「自分だけに聞こえる”神からの使命”で人を殺さなければいけない」という妄信的な破壊者いるんだから……。
フェイクドキュメントといえど、自爆テロ、通り魔、無差別大量殺人…全部現実の世界に起こったこと。
そして、誰だって、自分の目でオカルト・怪奇現象を目撃したら、気が変にならない、という保障はない・・・。

ほんと、この作品の不気味さは群を抜いてる・・・。


※管理人の、とっても個人的な評価(総評と恐怖度)
 総評  ★★★★★  ストーリー性  ★★★☆☆
 血みどろ度  ☆☆☆☆☆  グロ度  ☆☆☆☆☆
 恐怖度  ★★★★★  残虐度  ☆☆☆☆☆
 衝撃度  ★★★★★  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.8.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMM レンタル[オカルト] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
アマゾン通販:オカルト [DVD]


↓ポチっと押してもらえると励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ


http://www.youtube.com/watch?v=32W93wQOlHE
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: 初コメントです
マグさん、こんばんは!
コメントありがとうございますe-68

ブログの「呪いのビデオ・フェイクドキュメンタリー」のコーナー読みました★
お詳しいですね~。「本当にあった呪いのビデオ」なんてもう、タイトルから怖くてTSUTAYAでは完全スルーの地域です(笑)33巻までご覧になってらっしゃるとは・・・、なかなかの心臓をお持ちですねe-417e-420

>「裏ホラー」とかも笑えていいんですが、やはり最高傑作はTVで放送した「日本の怖い夜」
メモメモ...φ(・Д・)!!!! 情報ありがとうございます(^∀^*)
初コメントです
プロ庶民さん。先日はマイミクありがとです。フェイクドキュメンタリーはゾンビと並んで私のご馳走です。白石さんは「裏ホラー」とかも笑えていいんですが、やはり最高傑作はTVで放送した「日本の怖い夜」という番組だと思います。クリームシチューが司会で、その番組全体がフェイクだったというTV史上ではあれない大胆な番組でした。DVD出てると思いますので見てみてください。ちなみに呪いのビデオは一作目からズーッと見てます(汗)
Re: 無題
kiona さん
コメントありがとうございます★お久しぶりです!
オバケが怖いので避けてましたが^^;今回観た作品で気に入ったので、他のも勇気を出してみます♪

> クセになります。~ ぜひ他作もご覧になってください。。
kionaさんのお墨付きなのですねー!楽しみです!
まず、ノロイから行ってみますv-52
無題
コメント失礼します。

「ノロイ」 以来、同監督のホラー作品はフォローしています。(オリジナルビデオは一部のみ) 「グロテスク」 を除いてその斬新さ、あほらしさは、まさに "破壊的" で、クセになります。「オカルト」 もあのラストは何と言っていいかわかりません^ ^ ぜひ他作もご覧になってください。。
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/153-16602d5a
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。