現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:三池崇史 > 【映画】:殺し屋1 ( 三池崇史 監督作品 )

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:殺し屋1 ( 三池崇史 監督作品 ) 


■INTRODUCTION

小学館「週刊ヤングサンデー」で絶大な人気を誇った山本英夫原作の「殺し屋1」。映像化するにはあまりに危険なこの作品が遂に、三池崇史監督の手によって映画化!

■STORY

新宿歌舞伎町を舞台に、安生組の組頭”ピアスのマー坊”こと究極の金髪、顔中傷だらけの究極のマゾなヤクザ・垣原と、暴カによってしか性的興奮を味わえない弱虫な究極ヘンタイ刺客・殺し屋イチが宿命の対決!!

■CAST

浅野忠信 , 大森南朋 , 塚本晋也 , 松尾スズキ , 國村隼 , SABU , 寺島進 etc

■SAFF

監督:三池崇史 , 原作:山本英夫 , 製作:オメガ・プロジェクト=オメガ・ミコット

■その他

映倫:R-18 , MPAA(米):NC-17 , 2001年劇場公開 , 製作:日本 , 128分

公式情報より編集


■個人的レビュー

アタシは原作を読まずに映画を見たので、ストーリーが分かり辛かったです。
でも、イチくん(大森南朋)のキャラクターが何とも愛らしくて「殺し屋1」の世界が好きになり、原作まで読んでしまいました♪
それほど大森南朋さんの”イチ”役はハマりすぎですっ(笑)

コミックが原作だからやっちまえ~!的な勢いで作ったんだなwと笑えるやりすぎ感はありました。
が、逆にコミックが原作だから血みどろシーンはそれほどリアルではなかったりして、あまりこういうのを見たことない人でも大丈夫な映画なのかな~と思います。
とにかく血と精液がたくさん飛び散る映画です。
おもしろかった~!(でもアタシは、オリジナルビデオ(1-イチ-)の方が好みかな)

※管理人の、とっても個人的な評価

 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★★☆☆
 血みどろ度  ★★★☆☆  グロ度  ★☆☆☆☆
 恐怖度  ☆☆☆☆☆  ゴア度  ★★☆☆☆
 衝撃度  ★★☆☆☆  お下劣度  ★☆☆☆☆


■入手方法(2008.12.現在)

オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×)
DMM =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
楽天レンタル =○
:amazonでGET↓↓



ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/3-3138029e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。