現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:パク・チャヌク > 【映画】:オールドボーイ - 올드 보이 -(韓国映画)

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:オールドボーイ - 올드 보이 -(韓国映画) 

パク・チャヌク監督「復讐3部作」:2作目:オールド・ボーイ
1.復讐者に憐れみを , 2.オールドボーイ , 3.親切なクムジャさん


■INTRODUCTION

2004年カンヌ映画祭グランプリ受賞作品。Q・タランティーノも絶賛のサスペンス。土屋ガロン(作)と嶺岸信明(画)の同名漫画をパク・チャヌク監督が映画化した作品。理由も分からぬまま15年間も監禁された男の壮絶な復讐の旅路をユーモアをにじませつつ力強く描く。主演は「シュリ」のチェ・ミンシク。

■STORY

妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デス。
彼はある日突然何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。 テレビもあり食事も与えられるが、理由は決して明かされなかった。 そのまま15年間監禁され続けた後、突然解放されたデス。

いったい誰が、何の目的で?

デスはふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。
そしていつしかミドはデスに愛情を抱くようになる。そんな2人の前に現われた謎の男ウジンは、“5日以内に謎を解き明かせ”と、互いの命を賭けた“ゲーム”を提案するのだった。

■CAST

チェ・ミンシク , ユ・ジテ, カン・ヘジョン etc

■SAFF

監督:パク・チャヌク(朴賛郁) , プロデューサー:キム・ドンジュ , 原作:土屋ガロン(作), 嶺岸信明(画)

■その他

映倫:R-15 , 2003年劇場公開 , 製作:韓国(2003年) , 120分
原題:올드 보이(オルドゥ ボイ:原罪犯) , 英題:OLDBOY

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

「タランティーノが絶賛」というキャプションに納得できる、”見る人を選ぶ”作品。原作は日本の漫画だったんですね。(後で知りました。)
パク・チャヌク監督の3部作はコノ作品から入りました。見終わったあと嫌悪感があふれて出してしまった作品で(弁解:作品としては良い意味なんです!)、3部作を全てみようと思ったきっかけになりました。
何に嫌悪感があるか・・・・主人公の役柄(性格)と終局です。中盤までのストーリーで、主人公をあんなに可哀想だと思えたのに、クライマックスで主人公をこれほどまでに嫌いになれるのか・・・と、見事に作品の中に引き込まれます。
クライマックス…とっても精神的に参る作品ですので、見るときはお気をつけください。覚悟した方にはオススメします!よく出来た映画ですので★
最後まで読めないストーリー展開は本当に面白いですよ。

復讐vs復讐、嫌いになれない加害者、嫌いになれる被害者、単なる暴力的でミステリアスな映画ではありません。
暴力描写は、韓国の作品にしては結構多いほうですがほどほどに慣れている方なら大丈夫です。

それから・・・本作品も、ユ・ジテが素敵でした


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★★★★
 血みどろ度  ★☆☆☆☆  グロ度  ☆☆☆☆☆
 恐怖度  ★★☆☆☆  残虐度(精神的に)  ★★★★★
 衝撃度  ★★★★★  お下劣度  ☆☆☆☆☆


■入手方法(2009.1.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMMレンタル =○/ DMM通販 =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん =○
楽天レンタル[オールド・ボーイ] =○
: amazonでGET↓↓



ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
Re: ショックでした
ぱたたさん>
ですよね、この作品はホント精神的に参りました・・・
「シュリ」でも怪しげな役でしたが、かっこよかったのに・・・。
チェ・ミンシクの演技が素晴らしいとも言えますね^^;
ショックでした
主演の方「シュリ」ではカッコイイおじさんでしたが
本作では嫌なオヤジと化してましたね。
にしても怨念のような復讐心とラストは参りました。
1回の鑑賞で充分です。。
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/64-a355c6ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。