現在地 現在地 トップ  > カテゴリー:スポンサー広告 > カテゴリー:ジョン・ウォーターズ > 【映画】:ピンク・フラミンゴ ( ジョン・ウォーターズ監督 ×ディバイン )

ご注意
マッド・タイムズでは、ややマニアックな映画・本などにスポットをあてています。過度にグロテスクな表現・差別的表現が無いよう注意していますが、スプラッター,グロい,ゴア,お下劣,ゲテモノが苦手だという方は閲覧にご注意くださいませ。(※アダルトは基本的に扱っていません。)くれぐれも、この手のものを非日常として受け止められる方のみ、お楽しみくださいませ。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】:ピンク・フラミンゴ ( ジョン・ウォーターズ監督 ×ディバイン ) 

週末、久しぶりにビデオラックから引っ張り出して、3本ほどおバカなエログロ×ゲログロ映画を観てみました……の最終回。
「ピンク・フラミンゴ」:ジョン・ウォーターズ監督の快作ですね。日本語訳がかなり面白くて、良い味を出していました★
今日はチョッと変わったレビュー方式でございます。

DVD版
ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]
(2008/05/30)
ディバインミンクストール

商品詳細を見る

■INTRODUCTION

そそりたつ芸術。

■STORY

ゴシップ誌に載ったことで、世間の注目を浴びたディヴァイン(ディヴァイン)は、「バブス・ジョンソン」と名前を変え、ボルチモア郊外のトレーラーでひっそり生活をしていた。
トレーラーでは、息子クラッカー(ダニー・ミルス)、頭の弱いタマゴ好きの母イディー(エディス・マッセイ)、ディヴァインの親友コットン(メリー・ヴィヴィアン・ピアース)と同居している。
一方、ボルチモア都市部に住むレイモンド(デヴィッド・ローチャリー)とコニー(ミンク・ストール)のマーブル夫妻は、デヴァインの有名さをねたみ、”自分たちこそ世界中で一番お下劣な人間”だと『お下劣戦争』を開始するのであった…。

■CAST

ディヴァイン , デヴィッド・ローチャリー , ミンク・ストール , エディス・マッセイ , メアリー・ヴィヴィアン・ピアース , チャニング・ウィルロイ ダニー・ミルスetc

■SAFF

監督&製作&脚本&撮影:ジョン・ウォーターズ

■その他

映倫:R-18 , 1986年劇場公開 , 製作:アメリカ(1972年) , 92分
原題:PINK FLAMINGOS

公式情報より編集・追記


■個人的レビュー

ストーリーが『お下劣戦争』・・・。ハイ、これは正直なかなか人に薦められるものではございませんね。
・・・ということで、今日は、 「低俗映画を観る人って変態とか犯罪者にならないの~?」とか「なんでこんな映画を作るんだよ!プン!」と、この手の映画に対する解釈を間違っている可能性のある方の気持ちを、自然に捻じ曲げる素振りでレビューしてみようと思います。(ややこしい)
(ナゼかと言いますと、クチコミの映画レビュー欄に、この手の映画に対して、時々ヒドイ文句だけ吐き捨てるように書いてる方いるじゃないですか…、アレって切ないな~と思って。チョッとはその作品に興味もって覚悟して観たはずなのに…そんな言い方って切ないなぁ・・・という想いの現われなのです。)

↓ここから、自然に捻じ曲げる素振りでレビューします。


ジョン・ウォーターズ監督を語れるほどの技量はございませんが、この「ピンク・フラミンゴ」の25周年ノーカットバージョンで、コチラの世界にハマってしまった一員です。ドラッグ・クイーン”ディヴァイン”の存在感は唯一無二と言っても過言ではありませんね!!
そして「モンド・トラッショ」、「マルチプル・マニアックス」、「デスペレート・リビング」、「ポリエステル」などなど、ドブ系★コメディ映画を結構観るようになりました。
一番愛しき低俗映画は「デスペレート・リビング」でしょうか…。でも、「マルチプル・マニアックス」のディヴァインが一番狂っていてコワかったです!(見たこと無いし、見てはいけないものを見てしまった~~!!的な。ラストに驚愕のデッカイ、エビがね!!)

あ、失礼しました、今日は「ピンク・フラミンゴ」の紹介でしたね。アタシったら、すみません。
ジョン・ウォーターズ&ディヴァインへの愛情が溢れ出しそうで、暴走してしまいました。

『お下劣戦争』ってなにか?どんな事をするのか?解説を少しだけ・・・。

「ディヴァイン」の有名さを妬んだ、「マーブル夫妻」が『世界一お下劣なのは私たちよ』と主張するあまり、過激な行為へと発展するお話です。ただ、それだけです。
「マーブル夫妻」の主張、一例をあげますと、
  • 旦那レイモンドは、公園で男性器をフリフリしては女に見せつける。
  • マーブル夫妻は家の地下に女性を監禁しては、執事チャニング(オカマ)を種馬として女性達を妊娠させる。そして、その赤ん坊を生ませて売り飛ばす。
  • 私達はディヴァインの誕生日パーティーに「便」を入れた箱をプレゼントとして送った。
…あとはネタバレになるので言えませんが、「マーブル夫妻」がいかに下品で低俗であるか、自分達に比べたら「ディヴァイン家」はいかに普通であるか、という、挑戦状を叩きつけるのです。
一方、「ディヴァイン家」は、『世界一お下劣な女』の称号を渡すまい、と、挑戦に受けて立ち、下品で過激な復讐劇へと発展していくのです。

ホントに低俗なドブ映画ですよね~。言いたい事は分かります。普通なら「どっちが賢いか?」「どっちが金持ちか?」「どっちが美しいか?」そして、「その先にある争いの果かなさ」が描かれたりするものですよね。

しかし!そんな「現実を丸写しした映画」って息苦しくありませんか?
この作品は、落ち込んだり、もう何もかもがイヤになる一歩手前で見ると、不思議と元気になれるかも知れない作品かも知れない(…しつこい?)映画なのです。
「この映画を観ると大爆笑できます!」とか、そういう意味ではなくて、・・・エーっと(゜▽゜)・・・「ほんまにアホやな~(´o`)y゚゚^^」と、リラックスできますよ・・・きっと・・・。

なぜリラックスできるのかって?それは、「人類ミナ変態」だからです。
Say!!!「ジンルイ・ミナ・ヘンタイ!!」Are you OK?
この作品を鑑賞している「1時間半」がリラックスタイムになれば、幸い。「1時間半」を無駄に過ごしたと思ったら、たった「今」から時間を無駄にせず前向きに生けばいいのです!アナタの心は活気に満ち溢れるはずです。


↑ここまで、捻じ曲げる素振りレビュー。
・・・・いや~~~、これじゃあ、捻じ曲げられないですね(..)...。(営業職が最も苦手分野です。)

お下劣をオススメする訳ではないんですが、ジョン・ウォーターズの脚本と発想は大好きですねぇ~。
「この映画が伝えたいメッセージとは?」といくら考えてもカラッポ(゜O゜)=ラクチン♪♪
(とっても好きな監督・作品ですが、汚い場面は、オエっときます...;「ピンク・フラミンゴ」で言うと、お誕生日会のお尻丸出しダンスとラストの●●●(全部伏せ字)を食べる所はキビシイ!)

ジョン・ウォーターズ…あの紳士のどこに想像も付かない変態能力が隠されているのやら…。(お尻丸出しダンスや公園での両性具有の女性?男性?が登場する辺りは監督がゲイなので安易な発想かもしれませんが;)

ぁぁあ、もう!ゴメンナサイ!お粗末レビューでございました!!


※管理人の、とっても個人的な評価
 総評  ★★★★☆  ストーリー性  ★★★★☆
 血みどろ度  ★☆☆☆☆  グロ度  ★★★★★
 恐怖度  ★☆☆☆☆  残虐度  ★☆☆☆☆
 笑撃度  ★☆☆☆☆  お下劣度  ★★★★★


■入手方法(2009.3.現在)


オンラインレンタル(取り扱い:アリ=○、ナシ=×、未発売=未)
DMMレンタル[ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版] =○/ DMM通販[ピンク・フラミンゴ] =○
TSUTAYA DISCAS =○
ぽすれん[ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版] =○
楽天レンタル[ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版] =○
: amazonでGET↓↓

DVD版
ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]
(2008/05/30)
ディバインミンクストール

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています★
「気に入った!」と思ってくださった方は、ひとつでもクリックしてもらえると嬉しいですm(_ _)m
人気ブログランキング トレマガランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
またまた
2度コメ失礼しますi-201

>ぱたたさん
やはりそうなんでしょうかね~。
とりあえず10年は前と思われる日本人の裏モノでした…i-229
ソドムの重い○○○、私も観ました~(笑

>プロ庶民さん
フィメールトラブルは今も確か残ってますね~♪
私が借りるまで何年もレンタルされていなかったかも???と思うくらい、パッケージの上はものすごい埃なんですがi-229
でもちょっと思い出したんですが、その映像、エンドロールが終わって、予告が入ってないかなぁと少し早送りをしてみたら出てきたんですよねw
なので、普通に観終わった方は気付かないかもしれません。。
そのまま私も停止すれば良かったんですが、
何か変態的信号を感じたんでしょうか(笑
Re: ドドンと
>ぱたたさん

こんばんわ!
そちらも重鎮ビデオが沢山あるんですね!ステキ!!
もう、こちらのツ○ヤさんは99%DVDです…。悲しいです;

> ○○○を食する場面って「ソドムの市」にもありますが、
ありましたね~・・・。歴史背景の映画ってチョッと重いですよね…。

話は変わりますが、○○○で通じ合う私達って・・・i-229
Re: 素敵!
> akoさん

こんばんはi-118
ありがとうございます^^

スゴイ!お下劣映画のツボが合いすぎですね~akoさんi-236
トレーラー燃やされるところは「可哀想に・・・」とか心配しちゃうんですよね^^;
(こんなことでディバインがくじけるハズはない、と分かっていながら^^)

「フィメール・トラブル」のトラブル、サイコーです。今も某所ツ○ヤさんにあるんですね!!
(・・・てことは、みんな同じ思いで返却してるってことですね、やっぱりコッチ派の皆さん、結束強い!)
ドドンと
私が良く行くツタヤもノーカット特別版がドドンと鎮座してます。
何処が違ってるのか何年か振りに観ようかなぁ。
○○○を食する場面って「ソドムの市」にもありますが、
あっちはシリアスなので重いです。。

akoさん、貴重な変態体験ですね~。
ビデオの爪にテープ貼ってダビったんでしょうね。
素敵!
すごく良いレビューですねi-189
この映画、なぜか観て行くうちに「もっとお下劣を!!」と求めてしまう自分がいたりするんですよねi-179
気付けばディヴァイン一家を応援してしまうw
完全にこのワールドに引き込まれてしまいますよね。
そうなんです、人類の本当の姿は皆変態なんです!(爆
家中のものをなめ回すシーンとか、もう最高でした(笑

そういえば、前に「フィメール・トラブル」のビデオをレンタルして観た時、エンドロールが終わってさぁ出そうと思ったら…
その後裏AVが5分ほど入っていました(爆
元々のそのビデオに重ね撮りしたものだったのか、
誰かが録画してしまったのかは定かではないんですが…
ツ○ヤに言おうか考えたんですが、言うとこの貴重なビデオが撤去されてしまうと思い、そのままにしましたi-229
今でも普通にツ○ヤに並んでます。。
全く、人類は皆変態ですi-265
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://madtimes.blog55.fc2.com/tb.php/98-ec0ffbf8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。